ファミリーやカップルで楽しむスポット

東京23区の中でもとびきり下町と江戸文化を感じさせる町と言えば葛飾区と答える人も多いです。実際、このエリアにはいまだに下町の情緒が色濃く残されています。その町の独特の雰囲気をこよなく愛した名映画監督は、寅さんを主人公とするあの名作を作り上げたのです。このエリアでもっとも有名なお出かけスポットは、やはり柴又帝釈天ではないでしょうか。映画にも頻繁に登場する日蓮宗のお寺です。柴又帝釈天の他にもお出かけスポットはあります。たとえば、葛飾区内で最大と謳われる水元公園です。ここでは春には辺り一面を薄ピンク色に染め上げる美しい桜を楽しむことができ、他にも四季折々の草花を堪能することができます。公園の中には釣り堀もあり、休日に釣りを楽しむ親子の姿も多いです。この公園のもう一つの楽しみとして、毎年6月に開催される葛飾菖蒲まつりがあります。開催期間中にはファミリーやカップルで参加できる様々なイベントも楽しみです。また、ファミリーにおすすめのお出かけスポットとして、交通公園やふれあい動物広場を擁した上千葉砂原公園があります。自転車やカートを借りて楽しみながら子どもたちに交通ルールを正しく理解させることを目的とした公園です。ふれあい動物広場では、リスザルやヤギ、ミニブタなどを見物したり、実際にポニーに乗ることもできますので子どもたちには特に人気のスポットになっています。

What’s New